LOGO - MORI MASAHIRO DESIGN STUDIO, LLC.

MORI MASAHIRO DESIGN STUDIO, LLC.
about us - 代表者挨拶

ceramic wall

 森正洋(1927-2005)は第1回グッドデザイン賞(1960年)を受賞したG型しょうゆさしをはじめ、戦後日本の生活を見つめた食器を50年以上考え、作り続けたデザイナーです。当研究所は森正洋の作品とその諸権利の保全と運用、創作の礎となった幅広い関心、知識を示す資料の保存と活用を図るべく、森正洋夫人・森美佐緒氏成年後見人の委託を受けて設立された、森正洋デザインの正統な管理組織です。

デザイナーの権利の保全と運用

 森正洋デザインをより多くの人々の食卓に届ける手助けをする。プロダクトデザイナーの地位向上に貢献する。当研究所は、これらの目的の基盤となるよう、デザインに関する諸権利の保全と運用に努めていきます。展覧会、各種イベント、媒体掲載などの許諾窓口となり、多くの人々と森正洋の作品をつなぐ活動に力を注ぎます。

森正洋デザインに関する資料整理と公開

 当研究所は森正洋・美佐緒夫妻が保存していた作品、スケッチ、ノート、メモランダム、資料写真、収集品などをもとに、森正洋デザインの思想の核となった資料を発掘、整理していきます。森正洋がプロダクトデザイナーとして生きた時代を「実感」していただけるよう、より客観的で細やかな視点での展開を心がけていきます。

 常に時代の一歩先をみつめながら、「生活」を最も意識した森正洋の問題意識を受け継ぎ、最新の技術を使いながら、次世代の文化の礎となるべき「教養」としての知識群=アーカイブを作成します。みなさまの好奇心を刺激し、それぞれにとっての「森正洋デザイン」と出会う場になれば幸いです。

合同会社森正洋デザイン研究所
代表社員 筒井泰彦

Copyright: (C) 2008 - 2017 All Rights Reserved.